楽に労働時間を把握したいなら、勤怠管理システムを使おう。

勤怠管理システムでは異常やエラーをすぐに把握

楽に労働時間を把握したいなら、勤怠管理システムを使おう。 タイムカードにおいては、押し忘れであったり打刻異常が起こることがあります。この場合には手書きで出勤時刻や正確な時刻を書きなおしたりすることがあります。自己申告を信用するしかありません。人によっては1箇月それを放置しているために打刻されていないところをすべて押し忘れにする人がいます。こうなると問題も多くなります。

勤怠管理システムにおいては、それなりに異常やエラーは発生することを前提として利用します。ただしそういったことが発生した時はすぐに対応できるようにします。メールなどで異常の状況をすぐに連絡してもらうなどです。打刻忘れがある場合は、上司などに出勤状況を連絡してもらいます。休んでいる場合はそのように登録されます。

タイムカードを打刻して1箇月置くより、その都度チェックできる方がより正確な管理を行うことができます。月末に異常分の問い合わせを集中的に行われても従業員も困ります。人事担当者にとっても業務が煩雑になりません。

【参考】

Copyright (C)2022楽に労働時間を把握したいなら、勤怠管理システムを使おう。.All rights reserved.