楽に労働時間を把握したいなら、勤怠管理システムを使おう。

勤怠管理システムは残業の申請と承認がセット

楽に労働時間を把握したいなら、勤怠管理システムを使おう。 本来の形の残業とは、会社のほうが従業員に依頼をするものです。会社が依頼しますから、申請や承認は関係ありません。遅れている仕事をしたいために残業をする場合は残業の申請を行います。そして上司が承認をすることでその残業が認められることになります。サービス残業やだらだら残業をなくすためには必要なことになります。

勤怠管理システムでは通常は従業員の出勤退勤の時間を登録するシステムですが、それ以外に申請と承認が行えるものがあります。従業員自らシステムにアクセスをして残業を申請します。それに対して上司や人事部が承認をしたところでその日の残業が認められます。会社のほうが認めた残業として集計されるようになります。

それまではタイムカードを先に押してその後にサービス残業する人がいたので把握しづらかったのですが、今はそれもなくなってきました。サービス残業が多い人は注意をすることができます。サービス残業が減れば生産性も高まります。

【参考】

Copyright (C)2022楽に労働時間を把握したいなら、勤怠管理システムを使おう。.All rights reserved.