楽に労働時間を把握したいなら、勤怠管理システムを使おう。

勤怠管理システムでシフト管理

楽に労働時間を把握したいなら、勤怠管理システムを使おう。 パートやアルバイトを雇用して行うような職場の場合、いつも同じ人が同じ仕事をするわけではありません。その日によってシフトが異なるからです。3交代制の場合も常に朝ではなく、昼になったり深夜になったりします。人の場合急に増やしたり減らしたりはできませんから、事前に予定を立てておきます。予定に合わせてシフトを組みます。

勤怠管理システムでは、シフト管理システムとの連動が必要になります。どの従業員が何日の何時までのシフトになっているかを入れていきます。その時間に出勤をして、時間内の勤務の後に退勤をすれば問題はありません。人によっては退勤登録をした時間以降も仕事をすることがあります。これについては残業時間として扱われます。

シフト管理の仕組みが別々になると、どの時間が通常勤務でどの時間が残業になるのかがわかりにくくなってしまいます。シフト管理も同時に行うことができれば、従業員もその一覧を見るだけでシフトの様子を知ることができます。

【参考】

Copyright (C)2022楽に労働時間を把握したいなら、勤怠管理システムを使おう。.All rights reserved.