楽に労働時間を把握したいなら、勤怠管理システムを使おう。

勤怠管理システムで従業員が希望時間を入力

楽に労働時間を把握したいなら、勤怠管理システムを使おう。 正社員は会社で決められた就業時間に仕事をします。月曜から金曜、朝9時から夕方の6時までなどです。パートタイマーやアルバイトはそれにとらわれないで仕事をすることが出来る人です。それぞれの人と労働契約を結びます。最初から何曜日の何時から何時までと決めている場合もあれば、1週間ごとに決められていることもあります。

アルバイトは学生が多いです。学生は急に予定が入ったりキャンセルすることがありそれを仕事に反映させたいです。自分ではたらく日や時間をその都度決めたいのです。以前なら電話で確認をしたり、前の出勤日に翌週の希望スケジュールを記入してもらっていました。翌週の事はわからないとなかなか埋まらないこともあったのです。

勤怠管理システムでは、従業員が希望の勤務時間を入力できます。インターネットから入力できるので、外部からでも入力できるようになっています。1週間が始まる直前に入れることもできます。これによりシフト作成もしやすくなりました。

【参考】

Copyright (C)2022楽に労働時間を把握したいなら、勤怠管理システムを使おう。.All rights reserved.